女性への幻想は童貞の敵?アナル好きな女子高生・小司あんの積極さに臆したら負けよ!!

★作品紹介★僕は、ずっと前から興味のあった真面目そうな女子校生を自宅に連れ込み、お茶でも飲みながら話をすることに成功した。しかし彼女の話を聞いてみると、僕が思い描いていた彼女とは別人なほどのビッチっぷりだった。ならばと調子に乗り、悪戯をし口説いたのだが、彼女は全て受け入れてくれ、しまいには何故だかとんでもないプレイをすることになってしまったのだ…

童貞な僕が「狙っていた地味目女子校生は変態でアナル好き…小司あん」を動画レビューしてみました。

私のような童貞男は女性に対して幻想を抱きがちなんですよね。 純潔や清純さを求めていたら、童貞喪失なんていつまでたっても叶わないのかもしれません。

本作の『狙っていた地味目女子校生は変態でアナル好き…』でも、気になっていた地味な女の子を自宅に連れ込んだら、実は色情狂だったというお話です。 これは童貞の身としては、口説く手間が省けた分、筆おろしもサクッとデキて喜ぶべきことなのではないでしょうか。

もちろん自分の好みのタイプではないけれど、童貞喪失自体が目的ならば、結果オーライのような気も…。 わずはハードルを一つクリアすることが性への免疫を付ける上でも有意義なことのように思います。

続きのサンプル画像は【DUGA】で無料でみれます!★

博多人形のような地味な少女を小司あんが好演していましたが、徐々に色に溺れていく様に多少の狂気を感じましたよ。

これが童貞の身であったならば、化け物小屋に入った男の子みたいに臆して逃げ出してしまうのではないでしょうか。 筆おろしが目的であって、決してアブノーマルなプレイを望んでいるわけではないんですよね。 なので、女の子の方から積極的に来られても、ありがた迷惑に感じてしまうところに、結局は童貞を捨てきれない理由が隠されているのかもしれません。

成り行きに身を任せれば、意外とあっさりと筆おろしできたりして…本能の赴くままに身を委ねてみるのも必要なことのようです。

 

※この動画の完全版はこちら!

【DUGA】狙っていた地味目女子校生は変態でアナル好き…小司あん