【つるぺた幼体天使】宮沢ゆかりの現在・無修正・風俗店勤務情報

この世の果てで愛を唄う校長先生 宮沢ゆかり

この世の果てで愛を唄う校長先生 宮沢ゆかり FANZA(旧DMM)

プロフィール
宮沢 ゆかり
別名 小林 文乃
本宮 優希
生年月日 1995年10月6日
血液型 O型
身長 / 体重 150 cm / ― kg
スリーサイズ 73 – 59 – 87 cm
ブラのサイズ A

無修正作品出演情報

宮沢ゆかりの無修正作品の出演情報は現時点ではございません。

宮沢ゆかりデビュー情報

葛飾共同区営団地 日焼け少女わいせつ映像2

2016年にデビューしたロリ系の女優さんです。

初撮影は『葛飾共同区営団地 日焼け少女わいせつ映像2 FANZA(旧DMM)』という作品で、加賀美シュナ、宮崎あやとの共演ものでした。

もちろん宮沢ゆかりの身長150cm、バスト73cmのAカップという恵まれた体型を活かしたロリータ作品になります。

小林 文乃、本宮 優希名義ではイメージ作品に出演しており、2本ほどリリース歴があります。

ロリータ作品が多い中、『そらとゆかり』では椎名そらと共演し、初めてのレズ作品にも挑戦。真正レズの椎名そらのリードもありハマってしまったようです。

ただレズ作品としては『「控えめだけど、敏感なふくらみ。」制服女子校生レズビアンAA』の江奈るりとの共演作品の方が発売は先です。

宮沢ゆかりは学生時代、男友達は沢山いたようですがあまり恋愛にはおくてのタイプ…というより、好きという感覚がいまだにわからないとのことです。

そのため恋愛も尊敬から入るそうですが、女性によっては年上好きの子なんかにも多いのかもしれません。

初体験は高校を卒業してからだそうですが、彼氏の前戯のない淡白なSEXに物足りなさを感じ、AVに行けばSEXのプロに手合わせをしてもらえる…というのがデビューのきっかけだそうです。

そのため、撮影では放尿やごっくんなど初めて尽くしの体験も多く、その都度興味をもって撮影にのぞんでいたとのこと。

あくなき探求心が宮沢ゆかりの原動力なのかもしれませんね。

ちなみに初ごっくん作品は『すべての精子は飲みものです』。

宮沢ゆかり現在の活動・風俗店勤務情報

2018年現在も精力的に第一線で活躍されており、公式ブログ「ゆかりちゃんち」やTwitterでも近況を知ることができます。

ただ2016年7月スタートのブログの方は若干更新が途絶え気味のようです。

しかし初投稿の「はじめまして」という記事には宮沢ゆかりの人となりと共に詳しく自己紹介をしてくれています。

掲載された写真からも明るく元気いっぱいのキャラクターが伝わってくることでしょう。

Twitterではイベントの模様や日常のプライベートなことまで惜しげもなく披露しているため、宮沢ゆかりの飾らない人柄に触れてみてはいかがでしょうか。

風俗店勤務情報

宮沢ゆかりの風俗店勤務情報はございませんでした。

宮沢ゆかりと俺

つるぺた天然美少女と密室変態デート 宮沢ゆかり Aカップ

以前、『つるぺた天然美少女と密室変態デート 宮沢ゆかり Aカップ FANZA(旧DMM)』を観ましたが、変態オヤジたちに弄ばれてましたよ。

若い子のエキスを存分に味わっているオヤジたちが羨ましかったですが、どう見ても私よりも年下だろうという男もいて、改めて自らのオヤジ加減を再確認した次第です。

水着のようなブルマ少女にいたずらシーンがありましたが、私は普通のブルマがよかったですかね。

放尿したりローター入れたり、もちろんハメたりと宮沢ゆかりがオヤジたちに尽くしているところを観ていると、天使のように思えてきますよ。

「つるぺた」は、私を含めオヤジたちの好物ですので、見事な体型で今後も魅了してくれることを願っております。